眠れない時の対処法

寝たいのに眠れない時の自分で簡単にできる対処法

寝たいのに眠れない時の自分で簡単にできる対処法

寝たいけど眠れない事って、結構あります。

そんな時には、無理に眠ろうとしても目が覚めてしまうだけなので、眠るために色々と試してみる事をおススメします。

眠れない夜に、自分でできる簡単な対処法をご紹介していきます。


スポンサーリンク



nemurenai-midashi眠るための対処法!ストレッチがオススメって本当?

寝たいのに眠れない時の対処法としておすすめなのが、ストレッチです。

寝る前に身体を激しく動かすと交感神経を刺激し余計に寝付きにくくなりますが、ストレッチは緩やかに身体を動かしリラックスした状態にさせるものです。

ストレッチを行うことで、寝付きやすい状態を作り上げることができます。

特に運動不足で身体が鈍っている人にとっては非常に効果があるので、何となく全身がだるい、脚がむずむず重いといった感覚がある場合は実践してみてください。

眠れない時のストレッチは大げさに行う必要は無く、布団の上に大の字になって両手両足を思いっきり伸ばすだけでも効果があります。

限界まで伸びをしたらそのままの状態を数秒キープし、その後一気に力を抜いて全身を脱力させます。

これを一回行うだけで身体の緊張はほぐれリラックスした状態になるので、眠れない時に試してみてください。

また座った状態で足を揃えて伸ばし、骨盤を立て上半身を真っ直ぐに、腕も頭の上で真っ直ぐ伸ばし、身体をL字にピンと伸ばしてみましょう。

簡単なようで意外と辛い姿勢で、これを10秒キープした後に一気に脱力して寝転がるとリラックスしてそのままスッと眠れてしまいます。

布団の上で簡単に行えるストレッチなのでおすすめです。

nemurenai-midashi眠るための対処法!眠るための簡単ヨガ

寝たいのに眠れない時の自分で簡単にできる対処法
ストレッチと同様、眠れない時はヨガを行うのも良いでしょう。

ヨガは肩や股関節を大きく動かしほぐすので、血流とリンパの流れを改善します。

内側の巡りが改善すると身体もリラックスし、寝付きやすくなります。

またヨガは程良く筋肉を伸ばせるので、行うと単純に気持ちが良いです。

関節、筋肉をほぐすとより寝付きやすくなりますし、一日の疲れを取る効果もありますから、翌日の目覚めも良くなります。

眠れない問題を改善するばかりでなく眠りの質も上がるため、目覚めに悩みを抱える人もぜひ試してみてください。

無理に身体をほぐす必要は無く、気持ち良いと感じる程度に行えば充分効果がありますので、できる範囲でチャレンジしてみましょう。

ストレッチもヨガも、簡単に自分自身の体を伸ばすことができます。

しかしながら、それでも体に凝りを感じたり固まってるのを感じるようでしたら、マッサージに行くことでスッと眠れるようにもなったりします。

体をほぐしていく事は、心地よい睡眠をとる上で非常に重要な事です。

まずは、自分で簡単にできる事から始めてみると良いでしょう。

【睡眠サプリメント人気ランキング】口コミで評判の高い人気サプリメントは!?

私も含め、多くの人たちが眠れるようになった「睡眠サプリメント」のランキングです。

眠りたいけど、睡眠薬を飲むのはちょっと…と思いませんか?

睡眠薬じゃなくても、睡眠サプリメントを使えばかなりの確率で眠れるようになります。

数多くある睡眠サプリメントの中で、特にオススメの効果があったサプリを厳選してご紹介します。

眠れないで布団の中で悶々する日々とサヨナラしませんか?

眠れなくて辛い日々を過ごしてる方必見!

コメントを残す

*