不眠症

不眠症の早期覚醒!朝方目覚める時の対策

不眠症の早期覚醒!朝方目覚める時の対策

不眠症と一口に言っても、色々なタイプの不眠症があります。

夜中に目覚めてしまうタイプの人もいれば、なかなか眠りにつけないタイプの方もいます。

そうかと思えば、朝方目覚めてしまい眠れなくなってしまう方もいらっしゃいます。

ここでは、不眠症の早期覚醒についてご紹介していきます。


スポンサーリンク



nemurenai-midashi不眠症の早期覚醒ってどういう症状なの?

春眠暁を覚えずの言葉通りいつまでも寝られたらどんなにか疲れが取れるだろう、と考えている人は少なくありません。

実は歳を重ねるごとに、良質な睡眠が取れなくなって来ます。

たとえば、目覚まし時計をかけた時間よりも早く朝方目覚めてしまい、再入眠できない場合があります。

年に数回程度なら問題はありませんが、毎日のように繰り返すと睡眠不足になります。

これは不眠症の一種で早期覚醒という症状です。

大きく分けると加齢と、精神的な問題が関係している場合が考えられます。

nemurenai-midashi早期覚醒の原因とは?

高齢者は朝が早い、と言われていますが、睡眠時間が短くなっても深い眠りの時間が長く、昼間に眠くなるなどの弊害がなければ特に問題はありません。

精神的な問題を抱えている場合には、それぞれの原因によって対策が異なります。

うつ病のような疾患を抱えている場合には、原因を取り除くことが最善の対策です。

精神的なものであっても疾患というほどの重篤なものでない場合も多くあります。

nemurenai-midashi自律神経のバランスが崩れると早期覚醒になるの?

早期覚醒は、ちょっとした生活の変化でも現れたりします。

例えば、

  • 職場の異動で人間関係が変わった
  • 転勤や引っ越しで生活環境が変わった
  • 仕事が忙しく生活のリズムが崩れている
  • 気温の変動が激しい

など、日々の暮らしの中にあるちょっとした変化によって自律神経のバランスが崩れていることが大きく関わっています。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、昼間の活動時間と夜の睡眠時間とで交替で働いているのですが、この役割分担のバランスを正しく保つことが対策には最も重要です。

nemurenai-midashi早期覚醒の対策方法

早期覚醒の対策方法

具体的な対策には、リラクゼーションを心がけることが第一です。

入浴時や睡眠時にアロマを焚く、催眠効果のあるハーブティーを温かくして飲む、リズムのゆっくりとした音楽を聴くなどがあります。

マッサージを受けて、全身の凝りをほぐしてもらうことも効果のある対策方法です。

時間が足りないほど忙しく、ゆっくりとしている暇はない、という人もいますが、自律神経が悲鳴を挙げる前に時間のやり繰りをすることが必要です。

頻繁に朝方目覚めることで睡眠不足になれば、仕事の効率が悪くなります。

毎日でなくても、週に1日でもリラックスできる時間があれば効果があります。

朝方目覚めてしまうのは、ほんの30分から1時間程度でしたら、朝活などにも使えますし時間を有効に使えます。

しかしながら、何時間も、しかも毎日のように朝方に目覚めてしまったら堪りません。

早期覚醒かも…と思ったら、なるべくリラックスした時間を過ごすように心がける事で、症状は改善されていくはずです。

【睡眠サプリメント人気ランキング】口コミで評判の高い人気サプリメントは!?

私も含め、多くの人たちが眠れるようになった「睡眠サプリメント」のランキングです。

眠りたいけど、睡眠薬を飲むのはちょっと…と思いませんか?

睡眠薬じゃなくても、睡眠サプリメントを使えばかなりの確率で眠れるようになります。

数多くある睡眠サプリメントの中で、特にオススメの効果があったサプリを厳選してご紹介します。

眠れないで布団の中で悶々する日々とサヨナラしませんか?

眠れなくて辛い日々を過ごしてる方必見!

コメントを残す

*