不眠症

不眠症かも!?うつ病で眠れない時も気にしないことが重要

不眠症かも!?うつ病で眠れない時も気にしないことが重要

うつ病に悩まされ、眠れない日々が続いてるという方も多いかもしれませんね。

うつ病の方の場合は、通常の場合の不眠症と多少異なってきます。

うつ病で眠れない時の対処法について、ご紹介させて頂きます。


スポンサーリンク



nemurenai-midashiうつ病は不眠症になる事が良くあるの?

うつに悩まされている人の場合、夜眠れないということは少なくありません。

うつという病気は気持ちや身体のコントロールが上手くいっていない状態なので、普通の生活リズムで過ごすこと自体が困難です。

朝起き、昼活動し、夜眠るという単純な生活すら辛く、何もできずに一日過ごしてしまうということも珍しくありません。

日中何も活動しなければ睡眠によって体力を回復する必要も無く、夜眠れないことも当然です。

そうなると夜眠れずに朝方になってようやく眠くなり、生活リズム、活動時間が狂ってくるといったことが起きてきます。

しかしながらこれはうつの場合仕方の無いことでもあり、大多数の人が経験することでもありますから、あまり気に病まないようにしてください。

nemurenai-midashiうつ病で不眠症の時にはどうしたらいいの?

うつで夜眠れないという場合、自分でどうにかすることは難しいです。

日中活動する気力があれば、少しでも身体を動かし体力を使うのが一番良い方法です。

それが困難な場合は仕方が無いので、眠れなくとも受け入れて布団の中に入っているしかありません。

nemurenai-midashiうつ病の不眠症の場合は昼夜逆転させない事がポイント

うつ病の不眠症の場合は昼夜逆転させない事がポイント

うつ病の方の場合は、良くないのは眠れないからといって起き上がり何か活動を始めてしまうことで、そうなるとどんどん生活リズムが狂い昼夜逆転の生活になってしまいます。

そういったことはせず何ができる、できないにしても夜は布団に入り横になっているようにしましょう。

医師に相談をすれば睡眠薬を処方してもらうこともできますが、うつの場合そのための薬をすでに服用している人も多く、またその際副作用に悩まされている人も少なくありません。

睡眠薬を使用し眠れるようになったからといってうつが治るわけでは無く、日中元気が出るといったことでもありませんので、うつによる不眠の場合はあまり薬に頼ることはおすすめできません。

医師とよく相談してうつそのものを治すことが不眠の解消にも繋がっていきますから、眠れない日が続いたとしてもできる限り気に病まないよう努めていきましょう。

昼間は身体を起こす、夜は横になるといったサイクルをできる限り保てるよう努力することが大切です。

なかなか難しい事ではありますが、色々な事を「どうしよう、どうしよう」とあまり気にしないような性格に変えて行く事で、不眠症も改善してくるかもしれません。

【睡眠サプリメント人気ランキング】口コミで評判の高い人気サプリメントは!?

私も含め、多くの人たちが眠れるようになった「睡眠サプリメント」のランキングです。

眠りたいけど、睡眠薬を飲むのはちょっと…と思いませんか?

睡眠薬じゃなくても、睡眠サプリメントを使えばかなりの確率で眠れるようになります。

数多くある睡眠サプリメントの中で、特にオススメの効果があったサプリを厳選してご紹介します。

眠れないで布団の中で悶々する日々とサヨナラしませんか?

眠れなくて辛い日々を過ごしてる方必見!

コメントを残す

*