不眠症

不眠症の様々な症状!早期覚醒も不眠症のひとつ

不眠症の様々な症状!早期覚醒も不眠症のひとつ

不眠症には、色々な症状があります。

途中覚醒の症状もありますし、早期覚醒の症状もあります。

不眠症の早期覚醒とは、どんな症状なのでしょうか?

早期覚醒について、ご紹介していきます。


スポンサーリンク



nemurenai-midashi不眠症の症状が出てしまう原因とは?

睡眠は美容と健康の維持には必要不可欠です。

どのくらい寝たら良いのかは人によって違いますが、少なくとも午後10時から午前2時の間は熟睡をしていることが大切と言われています。

しかし、ストレスが溜まっていたり、デジタル系の長時間の使用などで神経が疲れていたりすると、ふとんやベッドに入っても中々寝付けない、寝たと思ったら直ぐに目が覚めるといった不眠症の症状に悩まされている人が増えています。

不眠症は眠れない症状だと思っている人が多いですが、タイプが複数あります。

その中のひとつに早期覚醒も含まれます。

nemurenai-midashi不眠症の症状!早期覚醒って何?

大抵の人は起床時間に目が覚めないと困るからと、目覚まし時計を利用していますが、早期覚醒の症状がある人は起床予定の時間よりも早く目が冷めてしまいます。

よく、高齢者は朝が早いと言われていますが、若い人で早い時間に目覚めてしまう場合には不眠症の可能性があります。

nemurenai-midashi早期覚醒になってしまう原因とは?

早期覚醒になってしまう原因とは?

早期覚醒になる原因として考えられることは、体内時計の狂い、慢性的に睡眠が浅い、うつなどの精神疾患、の3つがあげられます。

体内時計の狂いというのは、朝起きて昼間は活動をして夜になれば自然と眠気を催すというサイクルがズレてしまうことです。

深夜まで仕事で忙しい、夜更かしの習慣があるなどによって起こります。

また、睡眠に浅いものと深いものがあるのですが、慢性的に浅い状態が続くと覚醒しやすくなります。

正常な状態なら、就寝3時間後位に深い眠りが訪れて疲労を回復させているのですが、この状態が続くと疲労が蓄積する可能性が高くなります。

年齢が高くなると、眠りが浅くなる傾向があります。

そして、うつ病など精神的なトラブルを抱えている場合にも、早期覚醒型の不眠症に陥ることがあります。

たとえば眠気を覚えて就寝したとしても、途中で目覚めた時にあれこれと考えを巡らせて、自分で不安を高めて眠れなくするのが特徴です。

眠ろうとするほど目が冴えてしまい眠れないまま起床時間になってしまいます。早期覚醒はどのタイプに当てはまるのかによって改善方法が異なります。

自分がどのタイプか知ることは、不眠症の方にとって大事な事です。

自分の不眠症のタイプをしり、適切に対策を取っていける事で不眠症の症状は良くなっていきます。

まずは、生活環境を整える事、あまり考えすぎないことを行っていくと良いでしょう。

それでもダメなら、睡眠薬を利用する前に、睡眠サプリメントなどから利用してみる事をおススメします。

睡眠サプリメントでしたら、ハーブなどの天然成分から作られているものも多かったりします。

オススメの睡眠サプリメントランキングのサプリなら、安心して利用することができます。

【睡眠サプリメント人気ランキング】口コミで評判の高い人気サプリメントは!?

私も含め、多くの人たちが眠れるようになった「睡眠サプリメント」のランキングです。

眠りたいけど、睡眠薬を飲むのはちょっと…と思いませんか?

睡眠薬じゃなくても、睡眠サプリメントを使えばかなりの確率で眠れるようになります。

数多くある睡眠サプリメントの中で、特にオススメの効果があったサプリを厳選してご紹介します。

眠れないで布団の中で悶々する日々とサヨナラしませんか?

眠れなくて辛い日々を過ごしてる方必見!

コメントを残す

*