眠れない時の対処法

眠れない時は一度起きてみるのも一つの対処法

眠れない時は一度起きてみるのも一つの対処法

布団に入ったけど、全然眠れずにいつのまにか、新聞配達のバイクの音が聞こえてきてしまった…。

そんな日々が続いてる方も、いらっしゃるかもしれませんね。

私も、そんな日々を過ごしてた経験があります。

そういう時は、思い切って一度起きてみる事も重要だったりします。


スポンサーリンク



nemurenai-midashi布団に入って眠れない時は起きてみると良いの!?

布団に入ったのに眠れないという時は、そのままじっとしているのでは無く敢えて一度起きてみることもおすすめです。

眠れない時は焦って目をつぶっても、余計に頭が冴えてしまうこともあります。

そういう時は一度身体を起こして何かしてみると気分転換ができますから、思い切って布団から出てみてください。

30分布団でじっとしているよりも、一度起きて15分くらい何かをしてから再度布団に入るとあっさり眠れてしまうということもあります。

nemurenai-midashi眠れない時にするオススメの事とは?

眠れない時は一度起きてみるのも一つの対処法
眠れない時に一度起きるのであれば、ちょっとした翌日の準備を行ってみるのがおすすめです。

読書、テレビ鑑賞などは頭や目が冴えてしまいますが、翌日の支度であれば10分や15分でささっと行えますし、前もって準備しておくことで朝の貴重な時間を有意義に使えるようになります。

また翌日の支度を行うということが脳のスイッチをこれから睡眠をとって休むという方向に切り替えてくれたりもします。

些細なことを行うだけでも、再度布団に入った際に寝付きやすくなります。

大がかりなことを始めてしまうと頭が冴えてしまいますから、着替えや荷物の準備、食器の片付け、テーブルや身支度品の整頓といったことを10分、15分行うのがおすすめです。

こういったことを行っておくと、翌朝起きた時も整った部屋で気持ちよく1日の始まりを迎えられますし、慌てずスムーズに支度を整えられます。

nemurenai-midashi毎日の習慣で眠れるようにする方法

翌日の支度を習慣づけるようにすると、自然と身体がこれから眠るのだというスイッチに切り替わるようになったりもします。

布団に入ったのに眠れないというようなことがだんだんと無くなってきます。

そのため、眠れない時に起き上がってこれらのことを行うのも良いですが、寝る前に行うこととして習慣づけてみることもおすすめです。

いつもの習慣を行うことで身体にこの後眠るのだという切り替えを覚えさせることができますから、眠る前の儀式的な意味で翌日の支度を行ってみてください。

眠れないストレスを抱えること無く、自然と眠ることができます。

翌日の準備じゃなくてもいいので、流れで眠る癖をつけていく事で、眠れるようになる可能性は高くなります。

眠りたいけど眠れないと言う方は、色々と考えすぎてたりするのも原因です。

布団に入ってもんもんとしてしまうと、色々と悪い方向に物事を考えてしまってる事も多々あるはずです。

一度起きてみて、切り替えを行ってみる事をおススメします。

【睡眠サプリメント人気ランキング】口コミで評判の高い人気サプリメントは!?

私も含め、多くの人たちが眠れるようになった「睡眠サプリメント」のランキングです。

眠りたいけど、睡眠薬を飲むのはちょっと…と思いませんか?

睡眠薬じゃなくても、睡眠サプリメントを使えばかなりの確率で眠れるようになります。

数多くある睡眠サプリメントの中で、特にオススメの効果があったサプリを厳選してご紹介します。

眠れないで布団の中で悶々する日々とサヨナラしませんか?

眠れなくて辛い日々を過ごしてる方必見!

コメントを残す

*